環境カウンセラーとは

環境カウンセラーとは

環境カウンセラーは、市民の環境保全活動に関わってきた「市民部門」と、企業、事業所の環境経営等を担当してきた「事業者部門」といったそれぞれの経歴による環境の専門家として、環境省に登録されたスペシャリストです。市民活動や事業活動の中での環境保全に関する専門的知見や経験に基づき、市民やNGO、事業者などの行う環境保全活動に対する助言など(環境カウンセリング)を行うとともに、自然環境教育や地球温暖化対策等、多様なニーズにお応えすることができます。
環境カウンセラー登録するには、会社などで環境管理・環境保全のための具体的な取り組みおよび計画作りの実績などがある方や、地域での環境保全活動の実施や自然観察会の企画運営などの経験のある方が、環境省の実施する審査(論文と面接)を経て、合格する必要があります。

詳しくは、環境省のホームページでご覧下さい。

環境カウンセラーへの相談

当協議会にご相談ください。ニーズにマッチした当協議会会員の環境カウンセラーを紹介します。
ちょっとした疑問へのお答えから地域の課題に対するアドバイスまで、きっと皆さんのお役にたちます。

市民部門カウンセラー

市民部門(自治体や地域や学校など)の環境保全に関わる活動をご指導・ご支援いたします。その範囲は、リサイクル活動や自然観察など生物多様性の学習、省エネルギーやエコドライブなどの活動の指導や講師など、多岐に亘っています。

事業者部門カウンセラー

事業者の環境経営や環境保全活動をご指導・ご支援いたします。事業者としては、一般の製造業のみならず、自治体や建設業、サービス業などのな広範組織からのニーズに対応しております。

環境カウンセラーになるには

環境カウンセラーになるためには、経歴等を記載した申請書及び指定されたテーマに沿った論文による書面審査、そして面接審査に合格することが必要です。
(※この制度は、人材登録制度であり、国家資格ではありません。また、登録された方について活動の場を保証する制度でもありません。)

毎年、7月1日から申請受付が開始されています。詳しくは、環境省のホームページでご覧下さい。

令和5年度環境カウンセラーの募集のお知らせ(終了しました。令和6年度は6月頃、公表予定です。)

 環境省は、今年度の環境カウンセラーの募集を7月3日から開始します。環境カウンセラーには、依頼や相談に対するアドバイスに加え、環境保全活動の企画・実践や主体間のコーディネート等の役割を自ら積極的に果たすことが期待されています。

 詳細は、環境カウンセラーWebサイト(https://edu.env.go.jp/counsel/counsel)をご覧ください。

 皆様のご応募をお待ちしています。

申請受付期間令和5年7月3日(月)~同年9月1日(金)(当日消印有効)
選考方法実績・資格・経歴、環境保全に関する知識や専門性を活かした提案力やコーディネート力、カウンセリング経験、コミュニケーション能力等、環境カウンセラーとしての適性を申請書、課題論文及び面接にて選考します。
申請後の日程■令和5年10月下旬  書面審査結果通知、面接日程等に関する通知
■令和5年11月~12月 面接審査
■令和6年1月下旬   結果通知
■令和6年4月1日   登録
申し込み環境カウンセラー全国事務局
(特定非営利活動法人 環境カウンセラー全国連合会)
 申請書提出先:
E-mail:shinsei@kankyo-counselor.or.jp
TEL:03-6280-5345 

「令和5年度環境カウンセラー募集要項」の入手方法

環境カウンセラーWebサイトからダウンロードしてください。
https://edu.env.go.jp/counsel/counsel